HOME > 治療の流れ

治療の流れ

後藤達也歯科医院での治療体験レポート

Step1

Step1のイメージ

お口の中の診察をはじめ、パノラマX線写真撮影などをおこない、それぞれの患者様に適した治療方針の概要と治療時期、治療期間、費用などについてご説明いたします。
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)などで治療をおこなった場合と、舌側(裏側)矯正で治療をした場合、表側からの歯列矯正との治療のしかたの違いや、メリット・デメリットなどについてもご説明します。

Step2

Step2のイメージ

矯正治療では特に重要な、側貌規格エックス線写真や、歯ならびの型の採得など正確な現状の把握と治療計画の立案のための準備を行います。
色々な検査結果をもとに総合的に判断をおこなうため、診断までに2週間〜3週間程度のお時間をいただいています。

Step3

Step3のイメージ

検査結果に基づいた治療計画などについてお話しします。歯列矯正に使用する装置の種類や具体的な治療計画の決定により、歯列矯正の費用も確定します。
次の段階から実際に治療の準備が始まるので、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)、表側のブラケット、舌側矯正(インコグニート)など、歯列矯正に使用するの矯正装置をこの段階で選択して決定していただきます。

Step4

Step5のイメージ

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の作成を開始します。
治療計画、治療プログラムに問題が無ければ、患者様の同意のもと治療プログラムの承認を行いマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の作成を開始します。
治療プログラムの承認を行い、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)が出来上がるまで約6週間かかります。

Step5

マウスピース
インビザライン治療開始

最初のマウスピース(アライナー)に関する説明と注意事項を受けて頂きます。
必要があればアタッチメントの装着や歯のサイズの調整(IPR)を行います。
その後アライナーの取り外しの仕方を練習します。
院長から次回の来院までのアライナーを受け取ります。(2~3ヶ月分)約60分を要します。

ご自宅でのステップ

1日20時間の装着。2週間ごとに次のステップのマウスピースに患者さま自身で交換して頂きます。

確認事項

  1. マウスピース装着時間、装着状況
  2. アタッチメントの有無
  3. 歯の痛みや装着感
  4. 歯ブラシの状況

医院でのステップ

定期的に歯の動きを確認します。
1.5~3ヶ月ごとに御来院して頂きマウスピース使用状況、口腔内の状態を確認します。

確認事項

  1. マウスピース装着時間、装着状況
  2. アタッチメントの有無
  3. マウスピースの適合状態
  4. 咬み合わせの状態
  5. 口腔の衛生状態
  6. 矯正治療に対するモチベーション
  7. 次のマウスピースの適合状態

Step6

矯正イメージ
アライナー全セットの装着を完了

最後のマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)全セットを終了後に診療のご予約をして頂きます。医院にて矯正医が最終的な咬み合わせをチェックします。
診査事項

  1. 歯が計画どおり動いているかを確認。
  2. 治療後のレントゲン撮影、口腔内写真撮影。
  3. 咬み合わせの確認と調整。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)終了後問題なければメインテナンスへ移行します。
歯を保持するためのリテーナーを作製し、担当医の指示に従って装着します。

さらに歯を動かす必要がある場合はアライナー追加のための型取り(ケースリファイメント)を行ないます。

Step7

Step8のイメージ
メインテナンス

3~6ヶ月ごとに通院し、歯並びのチェックを行います。
問題がなければリテーナーの装着を担当医の指示に従い継続します。
症例にもよりますが保定は平均2年行います。

大きな地図で見る

【住所】
〒446-0073
愛知県安城市篠目町肥田66-1

【診療時間】
月・火・木・金

9:30~12:30/15:30~19:30
土

9:30~12:30/14:00~17:00
※定休日:水曜日・祝日・日曜日

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ